« 『マルドゥック・スクランブル』読了 | トップページ | 放置でごめんなさい。 »

2004.07.31

費用と価値と値段

 費用(コスト)ってのは、物を作る以上どうしたって発生する。材料費、人件費、その他もろもろの費用たち。
 で、出来上がった品物の価値(バリュー)ってのは、必ずしも費用とは一致しない。判り易い例を挙げるならコピー製本の同人誌。無名の人間が作った小説誌では、いくら厚くても二束三文だけど、有名作家のコピー誌となればたとえ8ページでも法外な値段がついたりする。
 そう、値段(プライス)。価値は必ずしも費用と正比例せず、また買い手側の思い入れによって著しく上下するので、それらを無難なところにまとめるために通貨という物品交換アイテムの量でもって品物を評価した値。

 私は、買い物っていうのは自分の中での品物の価値を値段と比較して、折り合いがつけば通貨を払って購入する。自分が必要とする機能に対して、どれだけの対価を払うことができるか。そういう行為だと思ってる。

 店に立っていると、時折腹立たしくなる。
 自分が必要としている機能がどんなものかも考えず、ただ『○○』と名前のついた品物を手元に置きたいだけ。自分にとってのそれの価値など考えたこともないまま買い物に来て、値段が高いか安いかも判断できない。ただ、数字の大きさしか見てない人。……あなたは、いったい何をしに来てるんですか?
 まあ、情報家電って代物が、まだその程度のものでしかない、ってことでもあるんだろうけど。

 にしたってさあ、いい年した社会人が金額の多少だけで「高い」「安い」と言うのはちょっと悲しいと思うぞ。自分の「労働力」を売って「給料」と言う対価を得ているんだから。製造業やサービス業なら物にまつわる費用もある程度想像つくはずだし。

|

« 『マルドゥック・スクランブル』読了 | トップページ | 放置でごめんなさい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14258/1089509

この記事へのトラックバック一覧です: 費用と価値と値段:

« 『マルドゥック・スクランブル』読了 | トップページ | 放置でごめんなさい。 »